Search this site
〜 定期船で行く離島の魅力 〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
1/6 広島沖の島めぐり ・・・ 瀬戸内さざなみ弁当 (浜吉)

JR三原駅ホームで買った駅弁、前回は 珍辨 元祖 たこめし だった・・・

今回も「たこめし」にしようと店頭に立つと、

3月末までの期間限定「瀬戸内さざなみ弁当」たるものがあるではないか!

しかも、毎日計30個、、これが残り1個! これは買わにゃ、、、




ん?、「おしながき」によれば・・・

鯛の塩焼(はじかみ添え)瀬戸内産、牡蠣田楽(レモン添え)県内産、
呉名物肉じゃが 安芸津産、たこめし(蛸の旨煮)三原名物、
だし巻卵、松茸と蕗の辛煮、海老の天ぷら、蒲鉾、俵むすび(ごま・海苔)、
香の物(しば漬)、甘夏のシロップ漬)

以上11メニュで値段1050円也・・・



で、お楽しみは・・・

食べ進んでいくと、敷き紙には呉線の駅名がつぎつぎと、、、

地元名産を集大成したアラカルト駅弁、なかなか面白い弁当ではあります。

が、値段が値段だけに名物もそれぞれ少量、味わうまもなく喉を越す、、

ま、しかたないでしょうねえ・・・うん、いえ、でも旨かったですよ!

ゆで卵(食塩付き)とみかん、サービスしてくれたおばちゃん、ありがと〜。。


(2008.01.06)
posted by 日遊 (ひゆう) | 02:14 | 広島県 | comments(2) | trackbacks(0) |
1/6 広島沖の島めぐり ・・・ 大崎上島 木江への路 #3
JUGEMテーマ:島旅

三原港 ・・・

待合所で「瀬戸内さざなみ弁当」昼食を済ませ、桟橋へ出る。

桟橋の両側にそれぞれ1隻の船が乗船を待っている ・・・






向って右側、3番のりば、瀬戸田航路の「さんろまんすII」

11:45出航 ・・・








そして、向って左側、4番のりば、大崎下島 大長航路の「かがやき1号」

11:44出航 ・・・








大長航路「かがやき1号」の後姿 ・・・

後部デッキ中央にトイレを配置、その横、側面の切れ込みが乗降口 ・・・








運転席の外側側面、航路表示が掲げられている

竹原・三原 − 木江 − 大長

竹原・三原が併記されているのは、この船が両航路を運航しているから

昔はもっと大型船が運航していたらしいが、乗客の減少と省燃費から小型化を図ったという。

しかし、私が乗船した後、三原 − 大長 航路は廃止となった ・・・


#4 につづく ・・・

(2008.01.06)
posted by 日遊 (ひゆう) | 00:44 | 広島県 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/6 広島沖の島めぐり ・・・ 大崎上島 木江への路 #4
JUGEMテーマ:島旅

大長航路「かがやき1号」の船内 ・・・

銘板の表示

株式会社 木曽造船 平成11年8月進水






最大とう載人員 80人(旅客 78人)

ドアの左側に操舵席が見える ・・・








後部デッキからの前方風景

中央前方下部に前部客席が見える

夏期・冬期はこちらが快適に過ごせそうだが、






私はもっぱらこちらに常駐

後部客室 33人 (2,475kg)

寒いけど瀬戸内風景を満喫するにはこっちでなきゃ ・・・






乗船きっぷ(半券)の上陸券

三原 → 木江

運行ダイヤ 三原 11:44 → 木江・一メ目 12:26

運賃 1,770円

しかし、

山陽商船ホームページには

平成20年1月31日をもちまして 三原⇔大長 航路を廃止致しました。

このきっぷ、あるいは希少価値?


#5 につづく ・・・

(2008.01.06)
posted by 日遊 (ひゆう) | 01:18 | 広島県 | comments(0) | trackbacks(0) |