Search this site
〜 定期船で行く離島の魅力 〜
<< 3/1 スイセンの島、六島ふたたび #30 ・・・ 旅の終わりに笠岡探訪、遍照寺多宝塔 | TOP | 機関車先生のふるさと、野島遠望 #1 ・・・ 早朝からひたすら西へ (その1) >>
機関車先生のふるさと、野島遠望 ・・・ 青春きっぷで日帰り最西端の島旅へ (あらまし)
JUGEMテーマ:島旅
JUGEMテーマ:邦画

  映画「機関車先生」を観てそのふるさと、ロケ地を求めて あち こち さまよった。
  そして、原作である伊集院静氏の小説「機関車先生」を読んでそのふるさとも訪ねてみたくなった。
  しかし、調べてみると、船便が少なくとても青春18きっぷで日帰りはできそうもない、、
  そこで、比較的船便の多い島から遠望することで当座の欲求を満たすことにする。



  ときは2009年3月8日、青春18きっぷでひたすら西進、宮島口駅で途中下車し昼弁当をゲット。



  さらに西進し、山口県徳山駅で下車、定期船に乗換え大津島に向かう・・・



  そして、大津島に上陸し、そこからめざす野島を遠望した。



  その後、しばし大津島を探訪し・・・



  大津島滞在わずか1時間半、当日中に帰還するため復路の船上の人とならざるをえなかった、、、

  そんな旅の記録を以下に留めておきたい。。

  #1 につづく ・・・

  (2009.03.08)
posted by 日遊 (ひゆう) | 22:12 | 山口県 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:12 | - | - | - |
コメント
うぁ〜、うまそー、雑誌の特集のような写真ですね。
夏休みにこの弁当食べに行きたいです。
2010/06/17 20:13 by nimo
nimoさん、わざわざ拙ブログご覧いただき、
コメントまで・・・感謝です。(涙、、、)
この「あなごめし」ですね、夏に行かれるようでしたら、
この後のエントリでも触れますが、
ぜひお店で(弁当じゃないものを)召し上がられることを
オススメします!
お店の「あなごめし」、ちょっとそこらへんでは味わえない
佳味絶品の仕上がり、当方も再訪を画策したりしております。。
ぜひぜひ、お店で!!>ん? クドイ??
2010/06/20 17:04 by 遊山 (ゆさん)
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hariman28.jugem.jp/trackback/4652
トラックバック