Search this site
〜 定期船で行く離島の魅力 〜
8/4 犬島、神々しい廃墟へ・・・プロローグ #1
JUGEMテーマ:島旅
 
21
午後4時過ぎ、

法伝の船着場に到着。

めざす島が遠くに見える ・・・






22
午後5時出航 ・・・

しばらく時間があるので漁港を散策する。







23
港町特有の狭い路地、

人影もなくひっそりとたたずんでいる ・・・







24
そんな漁村の庭先に咲く花、

ルドベキアか ・・・







25
これは、ケイトウ ・・・



#2 につづく ・・・


(2006.08.04)


※このシリーズで取り上げる画像は整備前のもので、現在の犬島はすっかり様がわりしているようです。
posted by 日遊 (ひゆう) | 05:43 | 岡山県 | comments(0) | trackbacks(0) |
8/4 犬島、神々しい廃墟へ・・・プロローグ #2
JUGEMテーマ:島旅
 
31

漁港内の古い突堤・・・

先端まで行こうとする途中に、







32
花が咲いている。









33
ちょっと撮ってみた。









34
・・








35
・・・



#3 につづく・・・


(2006.08.04)



※このシリーズで取り上げる画像は整備前のもので、現在の犬島はすっかり様がわりしているようです。
posted by 日遊 (ひゆう) | 23:07 | 岡山県 | comments(2) | trackbacks(0) |
8/4 犬島、神々しい廃墟へ・・・プロローグ #3
JUGEMテーマ:島旅

41
午後5時前、船長さん現れる ・・・

さて、いよいよ出航です。

乗客は島に住む(?)老夫婦と私、計3人、

巧みな操舵で後退しながら岸壁を離れる ・・・



42
そして、港先端の防波堤の間を通過、、

急にエンジンが唸りを上げ、一気に速度を増す。

行き先の島が眼前に ・・・ そして目指す廃墟も、、





43
中間地点付近に到達 ・・・

目的地の姿、だいぶ見えてきたゾ♪

ワクワク ・・・





44
そして、島の港に今、入ろうとするところ、

赤茶けた煙突が数本聳えているのが見える。

いよいよ、だな。。





45
島の港、

船は浮き桟橋に着岸。

胸膨らませながら下船、船長さんに200円払う。

最終便の一つ前、

入れ替わりに本土へ帰る数人の乗客が乗り込んでいた。


#4 につづく ・・・


(2006.08.04)


※このシリーズで取り上げる画像は整備前のもので、現在の犬島はすっかり様がわりしているようです。
posted by 日遊 (ひゆう) | 19:18 | 岡山県 | comments(0) | trackbacks(0) |