Search this site
〜 定期船で行く離島の魅力 〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
10/19 家島群島 ぐるり旅 #1 ・・・ 飾磨港へ
JUGEMテーマ:島旅

自転車で自宅から25分、旧飾磨港に至る・・・
 
野田川の河口に開けた旧飾磨港は旧くは 「思賀麻江」 と称し、

瀬戸内海を往来する船はもとより遣唐使の船も碇泊して賑わった。







昭和初期にはこのあたりに家島汽船航路の船着場があったらしい。

現在は、看板にあるとおり 「家島汽船のりば 南へ800m」 ・・・

名産 焼あなご の 「はなおか」 は700m先、とある。







で、河口沿いにしばらく進むと、 頭上を飾磨臨海大橋が覆いかぶさるように跨ぐ ・・・

昭和62年(1987)完成。

行く手には姫路みなとドーム(平成12年(2000)オープン)も見える ・・・







その 「焼あなご はなおか」 の辺り、湛保の先端、
 
その先の現船着場にこれから乗船する「高速いえしま」が見えてきた。









嘉永 6年(1853)に築かれた 「湛保」 ・・・

今もたくさんの船の停泊地となっている。

この湾港をぐるりと回ったその先に見えるポートセンタービル、

あの中にある券売所で乗船券を買って、いざ乗船 !

あ、自転車は置いて行きます ・・・


#2 につづく ・・・

(2008.10.19)
posted by 日遊 (ひゆう) | 11:04 | 兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/19 家島群島 ぐるり旅 #2 ・・・ 飾磨港を、いざ出航
JUGEMテーマ:島旅


  ポートセンタービル内にある券売所で乗船券を買って岸壁へ ・・・

  家島航路の定期船 「高速いえしま」 が停泊中、 出航のため待機しています。




家島−姫路間の定期船を運航する高速いえしま株式会社は、

「高速いえしま」のほか 「しろやま」 「まうら」 の小型客船を保有している。

「高速いえしま」は2006年12月就航、 まだ新しい。








側面に取り付けられた表示板には最大搭載人員が記されている。

タラップ脇で係員に乗船券を渡し半券を受け取る。










そしてタラップを渡って船に乗り込む ・・・

後部デッキに向かうと、うっ、ベンチは満席、、

しかたなく後部デッキの隅っこに陣どる ・・・








ほどなく出航時刻、 AM9時、

「高速いえしま」はゆっくりと岸壁を離れていった ・・・






  #3 につづく ・・・

  (2008.10.19)
posted by 日遊 (ひゆう) | 20:49 | 兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/19 家島群島 ぐるり旅 #3 ・・・ 家島へ、しばしの瀬戸内クルーズ
JUGEMテーマ:島旅

定期船 「高速いえしま」 は飾磨港船着場を離れ、

港内を後進しながらゆるやかに進んでいく ・・・









やがて、船首を南に向け、深く入りくんだ港内を進んでいく ・・・

ちょうど進行方向から港に向かう小型船とすれ違った。









いったん港を出ると、さすが 「高速いえしま」、

力強い航跡を残しながら一挙に速度を上げ家島に向けまっしぐら。。

後方右手には姫路第一火力発電所の煙突が見える ・・・







本土の風景が遠のいていくと、

今度は家島群島の島々がだんだん近づいてくる ・・・

左に男鹿島 (たんが。地元では単に男鹿と呼び、あまり島は付けない)、

右に家島 (いえしま。ちょっと昔は「えじま」呼んでいたんだが) ・・・





乗船時間20分あまり、そろそろ家島本島が近づいてきた。

大型貨物船がそこここに停泊しているのが見える。

それにしても、その昔訪ねたときは1時間近くかかっていたのに ・・・

うむ、 速い。 速くなった。。


#4 につづく ・・・

(2008.10.19)
posted by 日遊 (ひゆう) | 01:55 | 兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) |