Search this site
〜 定期船で行く離島の魅力 〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
感動だけにとどまらず ・・・ 映画「機関車先生」
JUGEMテーマ:邦画

070801dvd
先日、レンタル屋さんの早朝割引でDVD映画を借りた。
5本で800円、、4本まではすぐに決まったが、あと1本候補が見当たらない・・・。洋画ばかりでも・・・と、邦画も1本あまり考えずに交えた。その最後の1本が・・・

映画 「機関車先生」(実写版)

伊集院静原作の同名の小説を監督 廣木隆一で映画化したもの。
昭和30年代の瀬戸内海の小島を舞台に、全校生徒7人の小さな小学校に臨時講師として赴任した主人公と生徒たち、島の住人たちとのふれあいを描く感動の作品。

【主なキャスト】
吉岡誠吾(機関車先生):坂口憲二
佐古周一郎(校長先生):堺正章
阿部よね(下宿先の女医):倍賞美津子
室井よし江(赤提灯の女将):大塚寧々

これがよかった。感動した。すなおに涙した。
で、感動に終わらせるだけでなく、一度そのロケ地を訪ねてみたくなった。

調べてみると、ロケ地は香川県塩飽諸島に点在するいくつかの島々とのこと。メインは詫間沖の志々島、小学校は丸亀沖の本島、そして志々島の隣の粟島・・・

幸い青春18きっぷ、あと3回分残っている。
時刻を調べてみたが、一日で3島をめぐり帰宅するには船便の関係で不可能。
で、とりあえず志々島と粟島を巡る計画を立ててみた。

姫路06:33→(JR)→10:03詫間10:18→(バス)→10:35須田10:45→(船)→11:30志々島13:05→(船)→13:35粟島17:05→(船)→17:25須田17:43→(バス)→18:02詫間19:23→(JR)→22:36姫路

と、こんな感じで日帰りギリギリ・・・
いずれかの交通機関に遅れが生じると、その日のうちに帰ってこれない・・・
何かあったときの代替案(宿泊地)も考えておかねば・・・と調べていたら、すてきな宿が見つかった。

四国香川県荘内半島の小さな旅館宿 郷の宿陶山(すやま)

ここなら無理して日帰りせずとも1泊2日で3島めぐれそうだが・・・
しかし、青春18きっぷの使途が・・・

そんな迷いもあるが、とりあえず体調回復しなければ、、、
うむ、何とか実現したいもんだ。。。



posted by 日遊 (ひゆう) | 21:51 | 島旅コラム | comments(2) | trackbacks(0) |
「機関車先生」のロケ地を訪ねて ・・・ 塩飽の島々をめぐる
JUGEMテーマ:邦画
JUGEMテーマ:島旅



  どうも歳をとると涙腺がゆるむ・・・

  このたび訪れた西備讃瀬戸、すなわち塩飽の島々をめぐる旅、
  その前後、改めて映画「機関車先生」を観た・・・

  そりゃー、もう泣けて泣けて・・・

  現地を訪ねてみると、「あ、映画のあの場面だっ」と新たな発見があったり、
  帰還後もう一度映画を観ると、「おや、この場面はあそこで撮ってる」を妙なところで繋がってみたり・・・

  そういう意味でも、アドベンチャー的趣向を含んだ濃ゆ〜い2日間でしたね。
  ま、でも、こんな旅をする人ってほとんどいないでしょうが・・・

  で、これからロケ地あちこちを掲載していこうと思うんですが、
  行程順では、佐柳島→高見島→鴨ノ越→志々島→粟島ということだったんですが、
  ここはストーリー展開順に、志々島→高見島→鴨ノ越→佐柳島→粟島の順でアップしていきたいと思います。


  ※写真は干潮時の鴨ノ越の風景です・・・


  (2007.10.30)
posted by 日遊 (ひゆう) | 19:01 | 島旅コラム | comments(0) | trackbacks(0) |
“スローな旅”、その中に旅の真髄はある ・・・
JUGEMテーマ:島旅



・・・と、思う。

わずか1泊2日の旅 ・・・ しかし、その旅の中でそう実感した。

そんな旅で出会った諸風景を記録しておくことにする。


(2007.10.29 〜 30)
posted by 日遊 (ひゆう) | 08:53 | 島旅コラム | comments(0) | trackbacks(0) |